毛穴美人になりたいですよね!

毛穴美人というと、目立った毛穴がみえなくてきれいな素肌を想像しますよね?

よく雑誌やテレビでモデルや女優さんをみるときれいって思っちゃいます。でもね、頑張っても難しいんです。

やっぱりどうしても毛穴レスにはならないんです。美肌っていうのはきれいな肌のことで、ミクロで考えると角層をしっかりと整えることが大事です。
この角層が正常に働いていないと紫外線を吸収してしまいシミになったり、しわの原因から毛穴の黒ずみや開きにつながるんですね。


女性にとって肌トラブルってほんと大変。。。


だからこの角層をしっかりとケアすることは重要なポイントなんですね。毛穴美人=素肌美人ですよ。
夏の暑い季節にもしこの角層がバリアをはれなくなってしまうと、メラニンが蓄積されてしまうんですね。
また、表皮もターンオーバーをするうえで重要なポイントになってきます。

ですので、ひとつのことを集中してケアをするのではなく、すべてのトータル的なことを頑張って毛穴ケアをしましょうね。

間違ったケアってなに??

ここで間違った毛穴ケアを紹介します。

まず、一番毛穴の黒ずみや開きが気になるのって「鼻」ではないでしょうか?

目に付きやすいですし、角栓をとろうと奮闘する人はたくさんいます。

だから悩みに思ってしまうのは仕方がないことなんですよね。

無理にいじってしまっては肌の痛みを助長することにもなるので心配です。

また、パックってあるじゃないですか?

あれって実は肌にとててゃよくないことで、角層までも一緒にはがしてしまうんです。だから過剰にやりすぎるのは絶対にだめなんですね。

角質層は水分保持、外的からの侵入を阻止するような役割があるので、ダメージを受けすぎるのは絶対にやめておきましょう。

角質層がすくなくなることで、皮脂がでやすくなるのは仕方がないことで、これが余計に角栓をつくることとなるんです。

角化によるトラブル

上に挙げたことで、角質層がダメージを受けると肌のターンオーバーで角質層を厚くしようとします。

そうなると毛穴がより深くなり、ぽっかりと穴があいたようにみえてしまうんですね。

そしてバリア機能が低くなっているので肌トラブルにある黒ずみ・にきび・シミ・シワになりやすいんです。

溜まりやすい皮脂やホコリで肌が汚くなってしまうのもこのせいです。

時々、毛穴の角栓を無理やりに取ろうとする人がいますけど、負担をかけやすいので毛穴の角栓を取り除くためにも体自体を汚れを試させない機能にすることが大事なんですね。

ただしい洗顔や食生活、睡眠などの仕方しだいで改善していくので頑張ってみましょうね。